• 03-3409-8885
  • お問い合わせ
  1. 『コンサルタントの価格』

医業経営コラム

医業コンサルティング

『コンサルタントの価格』

ここ数年、日本でも『コンサルティング業』というものが定着化しつつあり、
その種類も多種多様となってきております。
その為、各コンサルティング会社とも年々、
幅広いコンサルティングから独自性や得意性を見出しながら、
利用者側の要望に応えているかに思います。

医療業界におきましても他の業種同様に、
多くの企業が各種コンサルティング事業に参入してきていますが、
利用者側がどこの企業に相談・依頼するかについては、
その企業の実績もさることながら、
『価格』というものを極めて重んじているように見受けられます。

しかし、そもそも「コンサルティング」とは、
利用者などのクライアントに対して、
専門知識を活用するなどし、客観的に現状業務を観察して現象を認識、
問題点を指摘し、原因を分析し、対策案を示して
企業の発展を助ける業務を行うことにあります。

故に成果に対する報酬というものも、
利用者ごとに違いが出てくるものであり、
いわゆる『相場価格』というもの自体が
中々ご提示しにくいものでもあります。

私どもが手掛ける医業経営コンサルティングにおきましても、
お客様からのご相談の後、真っ先に聞かれるのが価格(料金)の件です。

これは高い、安い、ということ以前に、
基準がよくわからない、ハッキリしない、ということが
原因にあるものと考えます。

例えば、外資系企業なら、時間当たりのチャージで、
コンサルタントのキャリア・実績に応じて厳密に区分され、
管理されているのが一般的な姿です。
こういったシステムの中で経験を積んだ方は、
タイムチャージ(例えば時間当たり2万円など)と
決めている企業もいらっしゃるようです。

また外資系の特徴は、
プロジェクト全ての時間にチャージされますので、
たとえ顧客に訪問していなくても、
顧客のために費やした調査時間なども、
すべてチャージされるのが一般的と聞きます。

こういった仕組みが馴染まないのか、
日本のコンサルティング会社では、
顧客に訪問して費やした日数ベースで
計算している場合が多いようです
(例えば1日15万円など)。

個人で開業されている方も多い、
中小企業診断士のような資格者の場合は、
報酬基準(あくまでも目安にすぎないが)に則って、
企業診断1日10万円、などと決めているケースも見られます。

ただ、このような価格設定も業務内容やその難易度によって、
当然、コンサルタント料に差異が出てくるものであり、
前述の外資系企業のような価格設定の在り方についても、
利用側からするとコンサルタントのキャリアや実績などは、
どう客観的に評価・格付けされているのか、
コンサルタントの稼働時間は確かであるか、
稼働時間だけで評価されることが適正な料金であるか等、
結局のところ、疑義の絶えないものになっている現状のようです。

では、コンサルタントを検討する利用者側にとって、
価格面で、どこに注意したら良いのでしょうか。

利用者側にとって、一番大切なのは、
期待する成果と、コンサルタントの提供する価値を
自社なりの判断で見極めることだと思います。

例えば職員数が数十名の医療機関の場合、
一般職員一人分のコストで、病医院の課題を解決したり、
新規事業を推進したり、収益体質に変えていくことができれば、
とても安い買い物ではないでしょうか
(当然、どういう成果を求めるかによりますが)。

これは単純に労働時間で計るのでなく、
たとえ月当たり2、3日しか稼動していなくても、
事業に対する付加価値や成果で考えるべきではないでしょうか。

また外部の教育機関を活用する(職員を出席させる)コストよりも、
自院に合わせたオーダーメイドの研修メニューを組んでもらうほうが、
ずっと高い効果を出せるケースもあると思います。

さらに、コンサルティングの価格と価値が適性かどうか?を
判断するには、1社だけの提案でなく、
事前に複数からの提案を聞いて比較検討することが、
最もわかりやすくてすぐに実行できる手段だと思います。

特に初めてコンサルタントを活用する企業にとっては、
値段の目安がまったく見当もつかない、というケースも多いと感じます。

複数の提案を受けることによって、
それぞれの考え方の違いが明確になって、
自社にとって何が重要なのか、
何を優先すべきか、が見えてくることも多いのです。

当社では、出来る限り利用者様にご理解頂けるような
料金設定をご用意させて頂くとともに、
コンサルティング力(ご提案の中身)でより一層、
ご期待・ご要望にお応えできるよう努める次第でありますので、
コンサルティングのご利用を検討なされる場合には、
比較対象の一社としてお声かけくださいませ。

次回は、続編で「コンサルタントの費用対効果」を
テーマにしたものをご紹介させて頂きます。

病院経営の成功のヒントが欲しい方は
  • 03-3409-8885
  • メールでのお問い合わせ
PageTop