• 03-3409-8885
  • お問い合わせ
  1. 良い在宅医療機関とは・・

医業経営コラム

訪問診療・在宅医療

良い在宅医療機関とは・・

ある地方のケアマネージャー様に在宅医療機関を
ご紹介させていただいた件でお礼の手紙をいただきました。

その方からの最初の問い合わせは、
都内のがんセンターに数時間かけて通院されている患者様について、
そろそろ在宅で療養生活に移行を検討されており、
訪問診療医を探したいとのご相談をお受けしました。

その後、相談内容にそってある医療機関をご紹介。
その先生、スタッフの方々の対応が非常に良かったとのことで
お礼の手紙をいただいたのですが、
その内容を今回はお話いたします。

 

まず、その医療機関はケアマネ―ジャーとの打ち合わせ後、
本人・家族様との面談で状況をヒアリングされました。
その後、現在の通われているがんセンターからの医療情報をもとに、
緊急時にスムーズな対応が取れるように近隣の病院への連携を交渉し、
再度家族様へ、今後の在宅療養生活について
説明を行われたそうです。

訪問診療を開始されたあとも、
その家族を取り巻くケアマネージャーや介護事業者、
薬局との連携をこまめに交わしながら
今でも在宅での療養を続けられているそうです。

当然のことながら、在宅療養は病院入院と違い、
医師が付きっきりで近くに居るわけではありません。
だからこそ症状を悪化させない処置と対応、
その症状から起こりうる様々なリスクをご家族様に
しっかり説明することが大切だと感じます。

各医療機関において、医師の数も看護師の数も
限られた人数しかいません。
その中で距離やそのタイミングでどうしても対応は変わってしまいます。

ご家族様としても、急変時の対応については、
すごく不安なことも多いと思います。

その不安を軽減できるように、
出来るかぎり他の事業者とも連携をとりフォローしていく。
そして本人・家族・介護者の方々にしっかり説明をする。
その一連の対応がそのご家族様からも
ケアマネ―ジャー様からも好感を得ることができたそうです。

 

いかにその患者様と家族様の目線にたてるか、
周りの環境を理解し向き合って話ができるか。

訪問診療は治す医療ではなく支える医療の部分が強いと思います。
そういった先生と今後とも巡り合いを増やしていきたいですし、
一緒にお仕事をさせていただきたいです。

病院経営の成功のヒントが欲しい方は
  • 03-3409-8885
  • メールでのお問い合わせ
PageTop