• 03-3409-8885
  • お問い合わせ
  1. 永続的な医業経営への対策実例

医業経営コラム

医業コンサルティング

永続的な医業経営への対策実例

前回のコラムにて「専門家選びは、専門医を選ぶのと同じ」でも記述しましたが、医療法人様の顧問税理士の専門性により、病院・医院経営の存続が大きく左右されることがあります。

下記の事例に基づいてお話しをさせて頂きます。

≪パターン①≫

  • 医療法人A会
  • 売上:15億円
  • 持分: 9億円

医療法人化し約40年間、理事長一代でのご経営をされてきた医療法人様。

奥様は医師ではなく、
子は4人(長男:医師【外勤+週1回の非常勤医師として当病院にて診療あり】
・次男:医師【大学勤務】・長女:医師ではない・次女:医師【外勤】)。

病院の土地・建物の権利は医療法人所有。
持分は理事長90%、奥様10%を所有。

医療法人の後継者としてゆくゆくは持分を全てご長男に承継し、
一族経営を続けていきたい気持ちがある。
以前に設立した同族の株式会社(MS法人=メディカルサービス法人)を
所有しているが休眠中。

顧問税理士からは「まだ時期ではない。
対策は検討しているので待って下さい。」と言われている間に2年が経過。
理事長も信頼している税理士だから問題ないと思うけど、
高齢になる前に継承を踏まえて相続対策を取りたいと
検討しているものの、どの様に対策を進めたら良いのかとご相談頂きました。

 

レスメッドの課題解決手法

休眠していた既存の株式会社(MS法人=メディカルサービス法人)を再活用し、
毎年の利益を流すスキームをご提案。
医療法人所有の不動産をMS法人に移すことにより、
今まで発生していなかった不動産賃貸料で
医療法人の持分評価の高騰を防ぐ仕組みを作った。

計画からスキーム構築までは約半年を要した。

また、現在の財務内容の精査から事業計画を作成。
医療法や税務の面では専門家チームとのパートナーシップにより
プロジェクトを進行。

その結果、次期相続だけでなく、
代々引き継がれていく一族の医療法人としての
相続税リスクを軽減し、
土地建物を一族でグリップすることによる
経営面での権利強化にも繋ぐことができた。

 理事長様とご家族の方に大変喜んで頂き、
私としても大変貴重な経験を積ませて頂いた案件でございました。

 

≪パターン②≫

  • 医療法人B会
  • 売   上: 3億円
  • 相続財産:10億円

地域密着型の医院経営を50年続けて来られた医療法人様。
この地域の1番の「かかりつけ医」としても評判の高い理事長先生。

奥様は医師ではなく、子は3人(長男・長女・次女)、全員が医師ではない。
病院の土地・建物は、理事長所有。持分は、理事長95%、奥様5%所有。

理事長が大病を患い、相続税・事業承継対策を
早急に取らないといけない状況の中、
お亡くなりになられた。
ご家族から医院の承継及び
相続税対策について当社にご相談頂きました。

 

レスメッドの課題解決手法

医院の後継者問題・事業展開等
様々なお悩みを抱えておられるご家族様への
M&A(第三者への医院の譲渡)と、
必ず起きうる二次相続(奥様⇒ご子息)への対策として
MS法人(=メディカルサービス法人)の活用をご提案。

一族(個人)所有の不動産をMS法人に移し、
不動産賃貸料で医療法人の余剰金を流す仕組みを作り、
相続財産の対象から外すことによって相続税対策を実施。

また、土地建物を一族でグリップすることにより
永続的に一族での医院の経営を行うことが可能となった。

この案件での問題点は

1.   具体的な対策(出資持分の評価の高騰、相続税)を事前に実施されなかった点

       ・ 相続税対策を面倒である・手間がかかると後回しにした為。

2. 専門家選びを安易に考えすぎた点

       ・ 他の医療機関をいくつも担当しているから問題ないという考え。
       ・ 開業時からのお付き合いのある税理士の先生だから安心。

 

上記の内容は専門家を選んだ理由としてよく聞くお話です。
「うちは、ちゃんとした税理士だから大丈夫。万全だ!!」
よくよく話を伺ってみると、対策は取られていないケース…よくあります。

顧問税理士は顧問業務以上のことは残念ながらされない方が多いです。

良い税理士の先生かどうかを見分けるポイントとして、
顧問税理士に理事長の不満をぶつけて下さい。
専門家は解らない質問については、こう答えます。

 「時期ではない。」…。

 早めの対策を打つのか打たないのか…。結果は一目瞭然。

一つでも多くの医療機関様に、一日でも早く安定かつ
永続的な病院・医院経営を行えるようサポートしたい!!」 と思うエピソードでした。

病院経営の成功のヒントが欲しい方は
  • 03-3409-8885
  • メールでのお問い合わせ
PageTop